よく噛めて装着感抜群の義歯・入れ歯 秋田県男鹿市の歯医者さん「もりやま歯科医院」

もりやま歯科医院 もりやま歯科医院 ご予約・ご相談はお気軽に!0185-25-3054 アクセスMAP
お問い合わせ
資料請求
院長あいさつ
医院紹介
診療案内
設備案内
ネット予約
ネット相談
アクセスMAP
患者さんアンケート
リンク
HOMEへ戻る

モバイルサイト


秋田県インプラント.com


よくかめる入れ歯

よく噛める入れ歯をご紹介します!
入れ歯治療  入れ歯には、総入れ歯・部分入れ歯を含め様々な種類があります。材質や構造的にも様々な種類があります。
 また、保険制度の範囲内で製作できる入れ歯や、精度の高い自費診療による入れ歯があります。
 ここでは、保険の入れ歯を始め、当歯科医院がお勧めする機能的で審美的にも優れた入れ歯をご紹介します。

保険診療による入れ歯

 保険制度で作る入れ歯には材料やデザイン、構造に細かい制限があります。
 総入れ歯では材料が全てレジン(プラスチック樹脂)のため強度を保持するために厚みがあります。
 部分入れ歯はクラスプで固定(残っている歯に針金で固定)します。

 見た目などの審美性や、ぴったり感や食べ物の温度の伝わりやすさ(熱伝導率が低い)などの機能性では劣りますが、噛むという入れ歯の基本的な機能については変わりません。

部分入れ歯 総入れ歯

自由診療による入れ歯

部分入れ歯「バイオミメティック・キャストパーシャルデンチャー」

部分入れ歯「バイオミメティック・キャストパーシャルデンチャー」  バイオミメティックス(生体模倣技術)に基づいた超精密な部分入れ歯がバイオミメティック・キャストパーシャルデンチャーです。

 バイオミメティックスとは人工でありながら生物のシステムと同じように機能する設計のことです。
 私たちが普段何気なくおこなっている、物を噛み飲みこむという行為は感覚器官とそれを伝える神経、判断する脳による一連の完成されたシステムにより成り立っています。
 しかし、これは健康であるからこそ成り立つシステムで、歯がなくなったり入れ歯が合わないと、食事やコミュニケーションが満足におこなえなくなってしまいます。

 バイオミメティック・キャストパーシャルデンチャーはこの問題を解消するために生まれた、ピッタリフィットする究極の入れ歯です。
 より薄く違和感を少なくするために強度のある金属を使用した部分入れ歯です。材料となる金属にはコバルトクロム合金を用い、人工歯の素材は選ぶことができます。

義歯のマウスプレパレーションとは?

 部分入れ歯は残っている歯にクラスプ(金属のバネ)で固定します。
 この残っている歯に、入れ歯を長期間使用しても大きな負担をかけず、しっかり固定するための処置を施します。
 これをマウスプレパレーションといいます。
 医師と技工士との細かい連携も必要となる、機能的にも審美的にも優れた部分入れ歯だからこそ出来る高度な技術です。

マグネットアタッチメント義歯

マグネットアタッチメント義歯  支えとなる歯に金属(磁性金属)、入れ歯側に超小型磁石を組み込んだ入れ歯です。超強力な磁力でガタつかず、ピッタリ密着する快適な入れ歯です。

磁性アタッチメント義歯の特徴

無口蓋 着脱が簡単
  固定するためのバネがない構造なので簡単に着脱。

ピッタリ感
  超強力な磁力でくっつくので、入れ歯が落ちたりガタガタしにくい。

コンパクト
  固定するバネいらず!しかも無口蓋!嘔吐感もなく自然な味覚

お手入れ簡単
  シンプル構造だから、洗浄などの手入れが楽々

金属床義歯

 保険診療のレジン(プラスチック樹脂)による入れ歯の厚みは最厚部で約3mm以上あります。
これに対して、金属床は、入れ歯の主要部分を金属で製作した入れ歯です。
厚みは薄く(約0.5mm程度)しかも丈夫で壊れにくく、金属が食べ物の温度を伝える(熱伝導率が高い)ので、今まで通りの味覚を保てます。また臭いが少なく衛生的な義歯です。

自費診療と保険診療の比較 自費診療と保険診療の比較
左が自費診療による金属床。
右が保険診療によるレジン(プラスチック樹脂)
金属床の薄さに注目!
金属の利用で薄い入れ歯は違和感が薄く、美味しい食事が可能になります。

金属の種類と特徴

コバルトクロム合金
 素材として古くから用いられてきた最も一般的な金属です。
 ジェットエンジンの部品にも使われる耐久性のある金属でありながら、しなやかさを併せ持ち、精度の高い入れ歯に適した金属です。生体親和性がやや低く金属アレルギーの方には向かないことがあります。

チタン合金
 近年普及し始めた金属で、生体親和性に優れ人工関節やインプラント(人工歯根)などでも利用されている身体にやさしい金属です。
 強度もあり腐食にも強いので衛生的で金属アレルギーの方にもお勧めです。
 製造技術の難しい純チタンによる入れ歯もあります。

白金加金合金
 加工しやすく腐食に強く生体親和性を持った金の特性と、強度の高いプラチナの特性をもった合金です。
 精密に加工できるのでピッタリ感があり、金属アレルギーの心配のない身体にやさしい入れ歯が製作できます。

ミラクルデンチャー − 次世代の部分入れ歯


精密快適入れ歯 ミラクルデンチャー

一般的に部分入れ歯は残っている歯に金属のバネを掛けて固定しますが、ミラクルデンチャーには金属のバネがありません。
特殊な設計と製法で部分入れ歯の欠点であった金属のバネを排除した、まさにミラクルな入れ歯です。

ミラクルデンチャーと一般的な部分入れ歯

上顎の部分入れ歯の比較写真を見ても、ミラクルデンチャーには金属のバネがありませんし、入れ歯全体の大きさもふたまわり程小さくなっていることがわかります。
この大きさの違いも装着感アップの重要な要素です。




もりやま歯科医院  〒010-0344 秋田県男鹿市脇本富永字野田12-2   電話番号 0185-25-3054
Copyright(C) 2006-2018 Moriyama Dental Office All Rights Reserved.